音作りのうまい人が注目していること

  1. 悩み相談
  2. 236 view

こんにちは~えんどうです!

スタジオや家で音作りってなにを変えればいいのか分からなくなることって結構ありませんか?今回はEQで音を変える場合のコツみたいなものを少しお話してみようかと思います。

 

EQをいじる前にまずは違和感のある帯域を見つけよう。

 

違和感のある帯域とは、楽器を弾いていて何かずっと耳に付くような帯域だったり、不自然に抜けてしまっているようなところですね。まずはそこを見極めないといくらいじってもずっと変な感じになってしまい、EQがうまくいきません。

それの見つけ方ですがパライコやグライコがあると、とってもやりやすくなります。DTMでやる場合はソフトにパライコが付いていると思います。特定の周波数やQを絞って極端に上げたり下げたりしてみてください。

耳に付く帯域がある場合はそこが強調され、抜けている場合は自然な音に近づくと思います

どう変化するのか確認して適度に調整します。

ベースの場合はミドルに癖がある場合が多く、そこの癖をうまく見つけてカットしたり、へこんでいる場合はブーストしてみましょう。ベースアンプにもミドルのつまみが多い理由もこれですね。

ぼくの個人的なEQの手順はミドルを調整して癖を和らげてから、ベースとトレブルを環境や音楽に合わせて調整します。

この方法をしっかり身につけると現場で困ることもすくなくなりますし、PAさんとも音について周波数で喋れるようになりますので、コミュニケーションをとりやすくなります!おすすめです!

 

【ご自宅の練習環境、ずっと我慢していませんか?】

好きでないヘッドホンサウンド、タッチなど繊細な情報が必要な練習は正直難しかったと思います。
↓そんな悩みに応えるシステム、あります↓
<12月中旬お届けロットの受付は10/31まで>
Private Studio PSM-03

詳細はこちらから
えんどう

VINTAGE FACEの回路設計・技術者。
エレキベース担当のバンド活動時代を経て、いい音への探究心から機材を自作するようになる。ただの機材や道具ではなく、奏者と一体になりともに成長していけるような機材を開発しています。
現在はアマチュアオーケストに入団しコントラバスを演奏。オーケストラの経験から音や表現力の理解を深め、新しいステージの機材開発に活かす。

記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。