ディープなDIの世界 その1

  1. 教えてもらえない機材のこと
  2. 294 view

DIはどうしてもパッシブかアクティブか、真空管かソリッドステートか、という違いばかりが注目されがちです。

でもそこ以外に違いを生む箇所が沢山あるんですね。今日はそのディープな世界を簡単な切り口でザックリご紹介致します。

楽器からDIまでの”当たり前のハイインピーダンス区間”が 作り出す音の世界がある

図をご覧ください。

これは一般的な、特に小型のDIをシンプルに仕組みとして図化したものです。

そしてわかりやすいようにパッシブベースでイメージしてみてください。

ベースの信号はシールドケーブルで少し引き回された後、DIの入り口でバッファーアンプに入りローインピーダンス化されます。

ここまでの距離に必ず3mないし、5mのシールドケーブルを使用していますよね。これが当たり前の状況です。

 

ところがですね、この当たり前を変えてしまうとどうなるでしょう??

この当たり前を変えてしまう方法

ちょうどいい例がありました。それが今は製作終了した機種に

Vintage FaceのBASHO というDIがありました。

ここに合わせて提案していたオプションアイテム プラグ型バッファーアンプ SWITCHとのコンビネーションです。

この方法だと、

図を見て頂くとおわかり頂ける通り、ベースからDI本体までのハイインピーダンス区間がなくなってしまいました。

こうすることで何が変わるでしょうか??

よくあがる意見は

・パッシブでのシールドの音質劣化が防げる

・ノイズに強そう

・シールドケーブルでの音質変化分がなくなりそう?

です。

どれも実際のところ、あっています。

 

そしてそれに加えて、それ以上に私たちが感じたことは”良いとか悪い”だけでなく

当たり前のハイインピーダンス区間があることによって 成立する音がある。

当たり前のハイインピーダンス区間を無くしてしまうことで顔を出す音がある。

ということでした。(それを切り替える意味でSWITCHという製品名にしました)

ハイインピーダンス区間があることによって生まれるのは、ある意味トラディショナルな雰囲気といいますか。

比べてしまうと それがあることによる超わずかな一種の歪み感のような、パッシブ感?みたいなものをここでも感じられるのだとわかりました。

この有無のコントロールができる、ということ。

当たり前のハイインピーダンス区間がなくなったことで、

レンジが拡張され、特に低音域の食いつき・レスポンスが向上する感じが出てきます。

高音域もより伸びます。そして音はさきほどのパターンに比べると 音が引き締まって聞こえます。

よくも悪くも、アクティブともパッシブとも違う、第三種的な音が出てくるんですね。

 

面白いでしょう??

ところが残念なことに!

これは僕ら開発陣が盛り上がる気持ちとは別で、エレキプレーヤーには実はあまり流行りませんでした。笑

なぜなら、思いの外 DI直結よりペダルを使いたい人が多かったからなんです。

専用のプラグ型アンプを使用する場合ペダルを通せませんからね。

(楽器直結で使われることがない、という意味です)

 

ちなみに余談ですが

現在は進化していてこの第三種のサウンドを誰もが気軽に使えるようになった製品ができているんですね。

それが「 MIENAI DI」というものです。

これはプラグ型バッファーアンプ SWITCH自体が DIになってしまった、通常ではあり得ないことが起こったもので

MIENAI DIを楽器直で使用することで、誰もが今まで体感できなかったハイインピーダンス区間のない楽器直結DIサウンドを体験できるようになっています。

同じように簡単なイメージを紹介しますと。。

 

こんな感じですね!

ここでも 単に「DI」という製品が違うだけでなく、

楽器からDIまでのハイインピーダンス区間の有無の違いという観点でも、

大きくサウンドに貢献しているというのがイメージとして伝わりましたか??

単にDIという型を変えれば音が変わる、はもちろんです。

パッシブDIやアクティブDIという目線もそうですよね。

でもこんな風にハイインピーダンス区間の長さや有無の違いでもかな〜り音は違うんですよ。

明日はさらに例を追加して、
その他の側面からディープなDIの世界をのぞいていきましょう。

WABI-SABIの場合はどう変わってくるのかなども見ていきますよ!

これであなたもDIマニア?

ディープなDIワールド、第一弾でした。

では!

P.S.
記事にあるMIENAI DIって何?という方はこちらから

 

 

【ご自宅の練習環境、ずっと我慢していませんか?】

好きでないヘッドホンサウンド、タッチなど繊細な情報が必要な練習は正直難しかったと思います。
↓そんな悩みに応えるシステム、あります↓
<12月中旬お届けロットの受付は10/31まで>
Private Studio PSM-03

詳細はこちらから
ふかだ

ウェブメディア The Tone Creator案内人です。ベーシストの為の音響ブランド VINTAGE FACEの代表としての日々の経験から、向上心ある次世代のベーシストに知っておいて欲しいリアルなところを中心に情報を発信しています。
問題解決・目標達成のための課題抽出からのプロセス化が得意な為、必要としている方へパーソナルコーチングも提供しています。

尊敬しているベーシストTOP5
James Jamerson、Pino Palladino、Derrick Hodge、Meshell Ndegeocello、Willie Weeks
愛用しているベース
Fender 63PB 、Jiraud Black Cloud5 HB

記事一覧

関連記事

位相について

今回はちょっと分かりづらい位相についてお話しようかと思います〜音とは空気の振動、波の様に動く空気の信号なんですね。説明を簡単にするためにサイン波というのを使っ…

  • 221 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。